安納芋の焼き方

安納芋は、鹿児島県種子島で生まれたサツマイモです。最高に美味しいお芋として、近年とても人気があるんですよ。安納芋と書いて「あんのういも」と読むこのお芋は、俗に蜜芋とも呼ばれています。蜜芋と呼ばれる訳は焼き芋にした時に判ります。上手な焼き方で焼くと、皮に蜜がじんわりと滲んでくるんです。あんのういもは生の状態でも16度、焼くと40度を超える糖度を持つと言われています。

じっくりと時間をかけて火を通すことで、糖度が高まり蜜芋といわれる甘い焼き芋になります。焼き芋専門店がこだわりの焼き方で焼いた安納芋は、まるでスイーツのような美味しさです。食感も一般的な芋とは全く異なります。ほくほくとした舌触りが一般的なサツマイモの特徴ですが、安納芋は違うんです。上手な焼き方で焼いた安納芋は、ねっとりとしたクリーミーな食感になります。これは普通のサツマイモと比べ、水分がたくさん含まれているからなのです。

最近は安納芋の生芋が、通販で比較的簡単に手に入るようになりました。ご家庭で好きな時にあのクリーミーな味わいが楽しめます。でも大切なのは焼き方です。電子レンジでチン!では、あの食感も甘味も損なわれてしまうのです。石焼き芋専用鍋などを使用すると、しっとりと美味しく焼けます。

専用鍋が無い場合でも、焼き方を工夫する事で美味しく焼けますよ。トースターとアルミホイルがあればできる方法です。水にひたした芋をアルミホイルに包んで1時間焼きます。その後アルミホイルを少し開き、さらに10分焼きます。その後取り出してアルミホイルをきっちりと包み直し、10分蒸らせば完成です。時間はかかりますが、この焼き方なら蜜が滲みます。ねっとり甘い独特の食感が、おうちでいつでも味わえますよ。

種子島の安納芋

安納芋は、鹿児島県の種子島で生産されるサツマイモです。鹿児島県は日本最大のサツマイモの産地であり、イモ焼酎などサツマイモを原料とした名産もたくさんあります。サツマイモの薩摩とは鹿児島のことですから、鹿児島県とサツマイモは切っても切れない関係にあることが良く判りますよね。

鹿児島県をおおうシラス台地と、太陽がさんさんと降り注ぐ温暖な気候がサツマイモの生産に適しているのです。種子島にもサツマイモの品種改良を行っている農業試験場があり、そこで改良されたのが安納芋です。安納地区だけで生産されている訳ではなく、現在は種子島の主要な農産物のひとつとなっています。

安納芋は高い糖度が特徴です。生のままでもフルーツレベルの16度という糖度を誇ります。収穫してすぐでも充分に甘いのですが、3週間から1ヶ月ほど熟成させるとより甘味が強くなります。こうして熟成させたあんのういもをじっくりと時間をかけて焼くと、さらに糖度が高くなります。40度を超えるとも言われています。

そして水分がたくさん含まれているため、蒸し焼きにすることでねっとり食感になります。皮にはじんわりと蜜が浮くほどの甘さは、砂糖をたっぷりとつかって作った上質なお菓子のような味わいです。でもお菓子と違い、食物繊維やビタミン・ミネラルもたっぷりと含んでいるのでおやつにはおすすめですよ。種子島自慢の特産物です。

安納芋の通販

安納芋は鹿児島県種子島で品種改良された、新しい種類のサツマイモです。サツマイモは昔から女性や子どもに人気の甘いお芋ですが、最近は蜜芋と呼ばれるびっくりするほど甘いサツマイモが人気ですよね。大きなスーパーやデパ地下でも見るようになりました。サツマイモはある程度保存が利く作物なので、まとめ買いしても家庭で保存しておけます。通販でまとめ買いすれば、より安く手軽に手に入ります。

通販ショップでも安納芋は人気があります。他の場所で栽培されている安納芋もあるようですが、やはり本格的に栽培されているのは鹿児島県の種子島です。また収穫してから1ヶ月ほどは熟成させた方が美味しいという点もポイントです。収穫してすぐでも他の芋と比べかなり甘いのですが、さらに糖度が増して美味しくなります。食物繊維やビタミン・ミネラルたっぷりで、しかも比較的ローカロリーと嬉しいことづくめのスイーツです。

通販で購入したあんのういもは、寒さに弱いので冷温に注意して保管します。鹿児島県種子島で育つ安納芋は、温暖な気候を好みます。5度以下になると傷んでしまうため、冷蔵庫保管は避けて冬場は新聞紙に包んで保管しましょう。お家で食べる際は電子レンジではなく、アルミホイルに包んでトースターなどを使いじっくり時間をかけて焼きます。専用の石焼芋鍋もあります。通販で安納芋をお取り寄せして、ヘルシーおやつ生活を始めませんか。

安納芋のカロリー

安納芋は、今話題のとっても美味しい蜜芋です。蜜芋ってよく聞きますけれど、どんなものなのでしょうか。甘いりんごは切るとタネの周辺に蜜が入りますが、甘いお芋は焼くと皮の外にまで蜜がにじみ出してきます。安納芋は、皮にたっぷり蜜が溢れ出る驚きの蜜芋なのです。美味しいけれど、気になるのがカロリーですよね。あんのういももカロリーが高いのでしょうか。

安納芋は非常に糖度の高いサツマイモです。生の状態でも16度くらいの糖度があります。16度といえばフルーツレベルの甘さですよね。熟成させると糖度はどんどん高くなり、さらに上手にじっくり時間をかけて火を通すことで糖度は最高になります。焼き芋にすれば糖度は40度にもなると言われているんですよ。

40度もの糖度というと、カロリーは相当高そうですよね。でも実際はそんなにカロリーが高くないのです。100gあたりのあんのういものカロリーは、143kcalとされています。同じくらいの甘さのスイーツと比べると、いかに低カロリーかが判りますよね。低カロリーであることに加え、安納芋には食物繊維やビタミン・ミネラルも含まれます。

さらに安納芋にはポテトプロテインという成分が含まれています。この成分は満腹中枢を刺激するため、ご飯前に少し食べておくと満腹感がアップして食べ過ぎずに済むという利点もあるんですよ。ダイエット中のおやつにはぴったりですよね。美味しくてヘルシーな安納芋は、女性の強い味方です。

鹿児島の安納芋

安納芋は鹿児島県種子島で生産される、非常に甘くて美味しいサツマイモです。鹿児島県はその昔、薩摩と言う名で呼ばれていました。サツマイモのサツマは、鹿児島の別名薩摩のことです。鹿児島県はシラス台地が広がり、太陽がさんさんと降り注ぐ非常に温暖な場所です。この気候条件が、サツマイモ栽培に適しているのです。

鹿児島県のサツマイモ生産量は日本一で、作付面積も日本一です。鹿児島県ではサツマイモを使ったお菓子やお酒など、さまざまな加工品も作られています。サツマイモは鹿児島の文化にしっかり根付いているのです。また現在でもより美味しく病気や害虫に強いサツマイモを求めて品種改良がおこなわれています。

その中で誕生したのが安納芋です。安納芋は鹿児島県の海に浮かぶ種子島で産まれました。現在でも種子島はあんのういもの名産地で、たくさん生産されています。とはいえ全国的に話題となり通販でも爆発的な人気を博しているため、まだまだ貴重な存在です。

安納芋は鹿児島県の南の島で生産される暖かい気候を好むお芋なので、寒さに弱いという特徴があります。5度以下になってしまうと傷むため、保存する場合は冷蔵庫にいれてはいけません。また電子レンジでチンするのではなく、ホイルで包んでトースターやオーブンを使ってじっくり加熱調理すると美味しく食べられます。鹿児島県の大自然がぎゅっとつまった安納芋は、栄養たっぷりでカロリー控えめのヘルシースイーツです。

安納芋の保存

安納芋は蜜芋と呼ばれるほど甘い、新品種のサツマイモです。最近ブランドさつまいもが人気を集めていますよね。あんのういもはその代表格です。サツマイモはその名前からも明らかなように、鹿児島県が日本一の生産地です。鹿児島県ではサツマイモの品種改良が盛んで、種子島の農産試験場で誕生したのが安納芋なのです。現在では通販でお取り寄せも手軽にできるようになりました。上手に保存・調理すれば、びっくりするほど美味しいお芋が味わえるんですよ。

あんのういもは糖度が16度と非常に高いお芋です。さらに水分もたっぷりと含んでいます。糖度はゆっくりと加熱する事でさらにアップします。水分も多いので蒸し焼き状態を保ってじっくり火を通すと、ねっとりとした濃厚な食感の焼き芋に仕上がります。あまりの糖度の高さから、皮に蜜が滲んでくるほどなんですよ。もうひとつ、安納芋をさらに美味しくする秘訣があります。収穫してからしばらく保存して、熟成させるのです。他の芋に比べ糖度が高くて甘いのですが、熟成によってさらに甘さが増します。

お取り寄せした場合は、絶対に冷蔵庫に入れないよう注意しましょう。安納芋は鹿児島の種子島で育つ、温かな気候を好む植物です。寒さに弱く、5度以下だと傷んでしまうことがあります。寒い季節のお取り寄せは、1本ずつしっかり新聞紙でくるんで温度が下がり過ぎない場所で保存する事が大切です。食べる時は専用の焼き芋鍋かホイルにくるんで1時間以上オーブン・トースターで焼くと美味しく焼く事ができます。上手に保存・調理して、最高との呼び声も高いスイートなお芋を堪能しましょう。

安納芋の旬

安納芋は鹿児島県の大人気サツマイモです。鹿児島県の種子島で大切に育てられている、たっぷりと蜜を含んだ甘い芋です。糖度40パーセントという驚異の甘さだけでなく、しっとりとしたクリーミーな食感も特長です。では安納芋の旬はいつごろなのでしょうか。

安納芋の旬を調べてみましょう。あんのういもが収穫されるのは9月から12月にかけてです。これは普通のサツマイモとほぼ同じですね。しかしこの時期が旬かと言うと、ちょっと違うのです。安納芋は収穫してすぐでも甘い芋ですが、熟成させることで糖度が上がりさらに甘く美味しくなります。だいたい3週間から1ヶ月ほど熟成させると甘味が強まると言われています。

つまり収穫時期から1ヶ月ほど先が、本当のあんのういもの旬という訳ですね。あんのういもの旬は、10月から翌年の1月頃と言われています。全国への出荷もこの時期にはピークを迎えます。小売業者だけでなく、最近は生産者から直接ネット通販などを利用して購入する人も増えています。

旬を狙ってお取り寄せした場合も、注意が必要です。収穫時期が判れば、そこから1ヶ月ほど寝かせてから食べると最も甘い時期を楽しめます。調理法も重要で、電子レンジでチンしただけでは本来の甘味を引き出すことができません。ホイルで包んでトースターで1時間ほどかけて焼き、蒸らすと蜜が滲む驚きの甘さが楽しめます。次のシーズンには旬の美味しさをお取り寄せで味わってみてはいかがでしょう。

安納芋のレシピ

安納芋は今ネット通販でも絶大な人気を誇る、鹿児島県は種子島生まれの特別なサツマイモです。安納芋は蜜芋とも呼ばれます。蜜芋と呼ばれる訳は、甘いからというだけではありません。焼き芋にすると、皮からじんわりと蜜がにじみだしてくるのです。驚くほどに糖度が高く、生の状態でも16度といわれています。上手に焼けば、糖度は40度にもなります。焼き芋と言えば焼き芋屋さんで買うものだと思っている方も多いと思います。でも安納芋は現在、通販でも購入できるのでお家でも焼き芋が味わえます。では蜜芋をお家で再現するためのレシピをご紹介しましょう。

安納芋を購入すると、生産者によっては美味しい焼き芋の作り方レシピを同封してくれることもあるようです。安納芋は電子レンジでチンしただけでは甘さを完全には引き出せません。極上の甘さとしっとり感を味わうためにも、レシピには忠実に従って調理するようにしてくださいね。レシピが同封されていない場合でも、美味しく食べるための方法はネット上でたくさん紹介されています。

たとえば焼き芋専用鍋を利用する方法があります。そういった特別な調理器具がなくても、アルミホイルとトースターがあれば充分美味しく食べられますよ。アルミホイルに塩水に浸したあんのういもをしっかり包んで1時間じっくりと焼きます。さらに10分間アルミホイルを開いて焼き、取り出してアルミホイルを包み直して10分間蒸らします。こうすることで皮から蜜が滲みでるあんのういも焼き芋になりますよ。みなさんのご家庭でも味わってみてくださいね。